2010年05月11日

PCI元社長、二審も無罪=関連会社への支出「合理性」−特別背任事件・東京高裁(時事通信)

 中国遺棄化学兵器処理事業をめぐり、特別背任罪に問われ、一審で無罪とされた大手建設コンサルタント「パシフィックコンサルタンツインターナショナル」(PCI)元社長荒木民生被告(73)の控訴審判決が10日、東京高裁であり、矢村宏裁判長は「関連会社への利益供与には、経営判断として一定の合理性があった」として、一審東京地裁判決を支持、検察側控訴を棄却した。
 同社元社長森田祥太被告(68)についても、特別背任罪を無罪とし、法人税法違反罪のみ有罪とした一審判決に対する検察側、被告側控訴をそれぞれ退けた。 

【関連ニュース】
「登戸研究所」資料館開館へ=現存建物活用、明大キャンパスに
サリン事件風化させるな=地下鉄駅でテロ対策訓練
PCI元社長の控訴審、5月判決=特別背任、一審無罪
「APEC対策、決意新たに」=警視庁が年頭部隊訓練
APEC首脳会議で警備強化=地下鉄テロ対策訓練も

NPT会議 紙芝居で「核廃絶」訴え…長崎の高校生(毎日新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
【お財布術】「特典付きホテル」編 おまけでお得の宿泊プラン(産経新聞)
<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)
公務員の労働基本権 ILOで回復表明へ 仙谷担当相(産経新聞)
posted by イシモリ シロウ at 03:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。