2010年06月11日

古墳4基がゴルフ場開発で損壊 奈良・巨勢山古墳群(産経新聞)

 奈良県御所市の国史跡「巨勢山古墳群」のうち古墳4基が、ゴルフ場の開発工事で損壊していたことが7日、市教委への取材で分かった。国史跡の開発にあたっては、事前に文化庁の許可を取得することが文化財保護法で義務づけられているが、市教委によると、開発した「秋津原ゴルフクラブ」(御所市)は許可を得ていなかったという。

 市教委によると、昨年11月1日から始まったゴルフ場開発で、巨勢山古墳群の史跡エリアのうち約5400平方メートルを工事。5〜7世紀(古墳時代中期〜後期)の古墳約700基のうち4基の墳丘の斜面が削り取られるなどしたという。

 市民からの通報を受けた市教委が11月26日に古墳の損壊を確認。直ちに工事の中止命令を出した。

 秋津原ゴルフクラブは今年1月、文化庁に報告書を提出し、2〜5月に仮復旧工事を実施。市教委は今月中にも、土木専門家や同ゴルフクラブ関係者を交えた検討委員会を設置し、本格的な復旧案を国と県に提出する方針。

【関連記事】
だれのお墓?いまだ論争中 藤ノ木古墳 発掘25周年
奈良平城京に日本の源流を見る
墳丘は方形か多角形? 奈良・橿原市の菖蒲池古墳を初調査
キトラ壁画の保存管理場所決まる
東アジアの騎馬文化を紹介 九州国立博物館、7月から特別展
「はやぶさ」帰還へ

【沈む島の真実 キリバスから】“落とし物”のワケは…(産経新聞)
亀井氏、閣僚を辞任へ 連立は維持(産経新聞)
世界自然遺産 推薦の小笠原諸島を審査へ IUCN(毎日新聞)
拉致家族、解決求めデモ=菅首相と面会も―北に全面制裁を(時事通信)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
posted by イシモリ シロウ at 19:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。